大学院入院生活

福岡5年目。この春から大学院に入院(全治2年)。

つくばねの

先日、学会(生物物理学会)でつくばに行ってきた。今年2度目の関東である。

研究室の方々はつくばということで、伊都同様、何もないところであるのを察して行くのを躊躇ったりして学生は僕とM2の先輩だけとなった。他の研究室の人もさっぱり居なかった模様(他学科はちらほら見たが)。

発表は今回もポスター。9月に別の学会で既にこなしてたので、僕にしては珍しく全く緊張しなかった。積極的に聞きに来てくれた人が何人かいたので、それなりに面白いことやっていると一部の人からは思われているのだろうか…? なお口頭発表は全部英語だったのもあってさっぱり理解できずほぼ寝ていた模様。ポスターも英語で記述なんだけどね(ポスターに関しては、発表は日本語でする人が多い)。

宿泊は地元出身の友達(中学)に泊めてもらうよう頼んだので、今回は彼の下宿先に3日間お世話になった。研究学園駅に着いたら、別の友達(但し彼には連絡してなかった)も来てくれたのでサプライズであった。でもよく考えたら成人式で揃っていないのでこの組み合わせで揃うのは、なんやかんやで中学卒業(2009.3)以降初めての疑惑。もう7年も経った。まさかつくばでこういう再会の仕方をするとは誰が思っただろうか。

つくばは何もないという先入観はあんまり変わらなかったけど、普通に学会に行くときとはひと味違う、忘れることのない思い出になった。