大学院入院生活

福岡5年目。この春から大学院に入院(全治2年)。

久々の一人旅、熊本(1)

研究室に居ると人間強度が下がるということで、飛び石の休みを強引に使って旅行に出かけてきた。

さて行き先は熊本である。SUNQパスを買ったので今回は高速バス(ひのくに号)。約2時間。

写真は熊本城(宇土櫓)。城内に入れないので加藤神社の境内や二の丸から見ることとなる。

石垣が崩れてそのままになっているところも見られた。一度熊本城を訪れたことがある(B3の冬休み)身として非常に悲しい。

崩れた石は一個ずつ番号を振って、元通りにするらしい。気が遠くなりそうな作業である。

ちなみにこれは以前行った時の宇土櫓(2014年12月)

同、2014年12月の熊本の町並み。多分これは天守閣からかな。

別に私は城巡りが好きというわけではないのだが、このような状態で非常に悲しい。早い復興を祈るばかりである。

お昼は上通のこむらさきで熊本ラーメン。オーダーを聞かれたときに大盛りにしますかと聞かれて若干戸惑った。ここは熊本、当然ながら[替え玉]はない。

(2)に続く(気が向かないと次はないかもしれない)

学会@ヨコハマ

さて、半月ぶりの更新である。お亡くなりになったのかと思った方もいるかもしれないが残念!無事生きています。

 

さて、先週は学会で横浜に行ってきた。学会デビューである。

画像は前入りの日に(衝動を抑えきることが出来ず)食べた俗に言う家系ラーメン。横浜駅西口の吉村家にて。似たようなラーメン屋や天一一風堂が近くにあったがどのような経緯で吉村家に行ったかは言うまでもない。

 

学会の写真は撮っていない(せめて看板とかの前で記念撮影ぐらいするべきだったが)ので、代わりに観光地の画像をひたすら載せていく。中華街へは研究室の教授とスタッフ(PD*2)と行ったのだけれどもご飯を奢って頂きました。感謝感謝である。

スタッフで食事後、山下公園まで散歩したときのこと。教授がこのタワーに登ろうと言い出して突如マリンタワーに登ることになった。なんともスカイツリーの上半分だか下半分だかを切り取ったような形である。

奥に見えるのは横浜ベイブリッジである。うっかりこれはレインボーブリッジだろうかと言ってしまったのは今年度最大の失言である。

 

次の日は無事ポスター発表を済ませ、別の研究室の友達とまたもや中華街地区へと繰り出した。うちの研究室は学生が自分しか来ていなかったのでぼっちで行動するかこのようになる。

ボキャブラリー不足なので凄いとか綺麗とかしか言えなかった。語彙力を今後高めていきたいのは今後の努力目標である(がんばるとは言っていない)

こう横浜の夜景を見ていると、福岡の夜景が陳腐に見えてきたので、少しは横浜を見習って欲しいところである。

 

赤レンガ倉庫も見てきた。中はさながらショッピングモールのようであった。人と観光地に行くことってあんまりない(ソロプレイが多い)ので、自分は良かったのかもしれないが、他人はどう捉えてるのか考えると難しいところである。

 

最終日は早めにエスケープして一人鎌倉まで足を伸ばした。結論からいうと相当移動がしんどく、羽田空港でお土産を買う時間がほとんどなかったぐらいである。鶴岡八幡宮鎌倉大仏はいっぺんは行ってみたかったのでそれだけである程度満足かな。

学会は研究室単位で来てることが多いようで、割とぼっち芸を極めてたのだけれども、研究室の面々を誘って連れてきても却って面倒だっただろう(移動、食事、観光…)し、学生一人で参加して悪くはなかったのかな、というのが率直な感想である。因みに再来月にも筑波に行くが、今度は先輩が一人居るので一人でない。どうなるんやら。

あじ豊

先日、研究室の先輩方とご飯を食べに行った。なんと讃岐うどんのお店であるが、残念ここは福岡である。

さて福岡といえば福岡の(柔い)うどんが常識である。讃岐うどんを出す店もあるのだが、マズいか値段が高いのどちらかなので、福岡では我慢してでも福岡うどんを食べたほうが幸せになれそうである。因みに、福岡で讃岐うどんの店は一度しか行ったことがない(薬院にある麺通団。ここは良かった)

さて店は周船寺にあるあじ豊である。筑前高校の近くなので若干周船寺市街からは遠い。うどんが400円~なので正直高いが、フルサービス店かつ福岡なので仕方ない。うどん屋でありながら丼メニューもあるのが福岡らしい。讃岐風うどんかなあ。

さてお味はというとちゃんとしたコシのある讃岐うどんであった。ダシがちょっと濃かったが(うどんにうるさいので)、十分及第点である。親子丼も良かった(ボキャ貧感)。お値段は写真のもので850円である。若干高いが、たまに食べるのには良いだろう。

君の名前は

お盆明けてから若干バタバタとしていたが、ある程度落ち着いたので映画を見に行った。傷物語(II)熱血編と君の名は。2つ続けてである。

 

傷物語は3部作の2作目だが、前回が1月だったので内容をある程度忘れてしまっていた。で、次回も来年の1月である。何度も行くのは面倒だから1回でやってしまうか再上映してほしい。天神の東宝はソラリア館の方だったが、座席ピッチが狭くて窮屈だったのと、2週目にして客の入りがあんまり良くない(半分もいなかった)のだが、興行収入的に大丈夫なのだろうか。

(於:TOHOシネマズ天神、ソラリア8番スクリーン)

 

君の名は〜は新海誠監督作品なのでそれなりに期待して行った。前売り券は買ってなかったけど。内容はともかく、映像(アニメーション)の質と挿入曲が調和していて素晴らしかったが、大衆化されてしまったような気もする。先に観た傷物語とは打って変わって、本館のメインスクリーンであったので座席はゆとりがあった。あと若い人が極端に多かったなあ。

(於:TOHOシネマズ天神本館、1番スクリーン)

今回映画見に行ったことでシネマイレージカードのポイントが6ポイント溜まった(1作品無料で見られる)。無料特典で何を見に行きますかねえ。

編入

近頃はやや更新が滞りがちであるが、先日地元の友人(~中学)が福岡に来た。目的は大学院の入院試験である。編入を考えているそうだ。

彼とは中学まで同じ部活だった付き合い(高校は違う高校である)だが、まあ正直なところ福岡へ来るとは思っていなかった。だってわざわざ来るような要素があるわけではないし、TokyoやOsakaとは全く逆方向だし。そう考えたら私は相当の変人である。

試験会場に送り届けたり、温泉に行きたいというので近くの温泉まで連れてったり、若干(自分の忙しさも相まって)疲れたが、わざわざ3万円と交通費かけてきてもらってるので受かって欲しいところである。4月からどうなることやら。

 

 

Black history

正月ぶりに実家に帰省し、年末or正月ぶりに高校の帰省するたびに会う友人と会ってきた。かれこれ6~7年の付き合いである。

私は福岡5年目、地元(高松)にはほとんど居ないので地元のことはわからなくなる一方である。一方の友人といえば、地元にUターン就職したり上京したりとまちまちではあるが、共通して言えることといえば、もう学生ではない(それが世間的には大半である)。

彼等の社会人トークに若干置いてけぼり感を感じたのは言うまでもないが、自分もやがてはそうなるのだろうか。(そうならなくても困るが)

 ---

まあなんやかんやで、彼等とは久々にカラオケに行くこととなった。私自身カラオケに行くのは1年ぶり(忙しくて行く時間を作らなかった)。彼等は高校時代の私をよく知っているのでずかずかと私の黒歴史に踏み込んでくるが、カラオケに行けばお前は合唱部だろうと煽ってくる(諸般の問題で辞めたのだが)のは相変わらずだった。思い出したら色々やらかしてたなあ。

然し1年ぶりにまともにお歌を歌っただが、意外と楽しかった。あくまで、自分で好き勝手に選曲して、好きなように歌った結果での話である。みんなで同じお歌を歌い、金銀銅で一喜一憂する世界は全く自分には向いていないのだと、あの頃から7年後の自分は思う。

ゴジラ

福岡市美術館ゴジラ展を見に行った。これまであんまり時間を取れなかったが、このままにしておいても時間は取れない一方なので行くことにした。時間は作るものである。

さて非常に恥ずかしいことなのだが、市の美術館に行くのは福岡市在住5年目で初めてである。しかしその美術館も、ゴジラに破壊されてしばらく改装休業するとのこと。よってもう美術館に行くこともないはずである。

というわけでゴジラ展である。しかし美術館に着くまでにも、駅のATMが撤去されててお金が降ろせない→適当な駅(藤崎)で降りてお金を下ろす→そこから乗ったバス(9番,城南線経由博多駅行)で"大濠"で降りたら結構歩かされる…で中々辿りつけないものである。完全に自分のせいである。

写真撮影可能な箇所はほとんどないので写真はこれぐらい。

これまでの歴史(初代→昭和→平成→ミレニアムシリーズ)に関しての歴史がメインで、シンゴジラ特集は最後にちょっとだけある程度。(よってネタバレなし、しいて言えば破壊された東京駅の模型が有るぐらい)案の定ちびっこが多かったのだけど、展示量が多い中お分かり頂けたのだろうか…?

 

色々見てたら1時間半位かかった。その後大濠公園をお散歩して久々に元祖へ(恒例のルートである)。

途中、サギか何か知らないが水鳥が周遊路にいたので写真を撮った。人馴れしてるのだろうか。(すぐにどっかへ飛んで行ったけど)

元祖(長浜家)は1年以上ぶりであった。元祖は2011年の8月に初めて福岡に来たときに食べて以来、私が福岡を語る上で欠かせないものだが、最近行く機会に恵まれず久々の元祖である。その時は長浜屋と食べ比べとか頭悪いことしてたのだが。また在学中に何度か行きたいところである。